名古屋市にある大学

名古屋市は愛知県の県庁所在地であり、中京地区最大の都市としても知られています。

人口は220万人以上にもなり、全国でも横浜市・大阪市に次いで3番目に人口の多い政令指定都市にも指定となっています。

現在、市内には国立大学や公立大学、私立大学など合わせて20以上の大学がキャンパスを置いています。

国立大学では「名古屋大学」「名古屋工業大学」のキャンパスがあります。

両校とも全国屈指の名門大学として知られており、全国から優秀な学生が集まることで知られます。

また公立の大学では「名古屋市立大学」「愛知県立大学」「愛知県立看護大学」のキャンパスがあるほか、私立大学も「愛知大学」「名城大学」「南山大学」をはじめとるす多くの大学がキャンパスを持っています。

一時期は広い敷地などを求めて郊外の市にキャンパスを置く大学が多かったものの、近年では名古屋市内にキャンパスを置く大学が増える傾向にあり、現在のように市内に多くの大学が集まるようになりました。